☆この地区だけでは?☆

子どもが勉強をできないとき
その原因が
明らかに
誰の目から見ても
『部活』や『習い事』や『遊び』で時間を奪われている場合
普通
『部活』や『習い事』や『遊び』をセーブしたり後回しにしたり
最悪は辞めたりするものだと思うのですが・・・
この地区は
そうではないですね。
子どもは基本的に勉強が好きではないと思うので
そういう
選択をせずに『勉強をしない』という選択をしますが
それは子どもだから解ります。
でも
この地区のダメなところは
親も一緒になって
『勉強をしない』という選択をしてしまうということです。
厳密には子どもの意見を認めてしまうということです。
きっと親はそれがいい親だと思っているのでしょうが
上記の場合なら明らかに間違えています。
本当に不思議な地区です。
子どもがかわいそうとか
部活や習い事は子どもの心の支えですとか
それが拠り所ですとか
本当に
甘っちょろい考えです。
それを
『真剣ではない』と僕は言うのです。
子どもがかわいそう?
そうですか?
心の拠り所?
そんなの要りますか?
もっと
原点に戻って考えてください。
自分が勉強しないから
すべきことをしてこなかったから
今の状態を生んだのでは?
だとしたら
そこに
かわいそうなんて感情は生まれません。
『自業自得』です
子どもに拠り所なんて要りません。
というか
拠り所なんてこちらから提供しなくても大丈夫です。
子どもは
どんなにがんじがらめにしても
勝手に時間を見つけて『息抜き』をしますから。
そこの部分に関しては
子どもは親もびっくりするほど『天才』ですから。
もっと真剣に
子どもと向き合えば
もっとうまくいくのに
ということを
いつも感じる
この地区だけの特徴だと
思いました。
以上です。
m(__)m