☆もしこのブログを親が見たら、子どもはきっと地獄へ落ちるハズ(笑)☆

お疲れ様です。
学習舎マルスの小泉です。
本日をもちまして
2019年度の『通常授業』は終了となります。
「コロナ対策」の一面もあり少し早めの「春休み」となります
大変申し訳ありません。
今回のような
学校の一斉休校などが起こると
必ず話題になりますが
勉強の遅れ等に関しましては
少なくとも
4月・5月の段階で塾生でいた生徒は
勉強の遅れや未履修単元等はほぼありません。
ほぼという言葉を使ったのは
『新小6』で『算数』一単元
『新中2』で『数学』一単元
『新中3』で『数学』一単元
のみが残っているからですが
これは
授業が終わらなかったのではなく
僕がじっくりと徹底的にやりたくて
『意図的に』残した単元です。
仮に
コロナが来なくても
3月か春期講習に実施する予定のものでしたので
何も問題はありません。
小学生に関しては若干名「漢字」「計算」の宿題が残ってしまった生徒が
いますが
春期講習がきちんと実施できれば終わると思います。
よって
小学生も中学生も
『学習舎マルス生』はご心配なく。
とは言ったものの・・・
塾は休みに入りますが
まだ3月は続き
休校も続くみたいですので
全生徒に「テキスト」を差し上げました。
もう一回くらい言っておこうかな
全生徒に「テキスト」を差し上げました。
夏前後以降に入塾した生徒は
本当は通常授業で使用しているテキストの前の方の空いているところをやった方がいいかな?
とも思ったのですが
「テキスト」を誰にあげて誰にあげていないかが
僕自身解らなくなるのも嫌だったので
全員に差し上げました。
小学生は算数の方に
中学生は英語の方に
「ひらがな」で名前を書いてあげたテキストが
差し上げたテキストです。
もらっていないと親に嘘をつくといけないので
あえて
僕の字で
名前を書いてあげました。
新小2~新中1生までは「国語」と「算数」
新中2生は「英語」「国語」「数学」
新中3生は出血大サービスの「5科目」です。
※全学年全科目解答付きです

今日は
僕の誕生日ですので
僕からのプレゼントです。
心置きなく受け取ってください。
横浜市にいると
学校の進度ややり方に
市販テキストがあっていないので
使いにくいでしょ?
それに比べれば
今回生徒に差し上げたテキストは
僕が普段
その学年の研究や調べ物や「勉強」で実際に使っているテキストです。
間違いなく
横浜市の生徒にとっては
市販テキストよりも使いやすいハズです。
どうか
お子様が
口を滑らせ
「暇だなぁ~」とか
「やることがないなぁ~」とか
「つまんないなぁ~」とかを言った時や
もしくは
親に対して
生意気な口をきいたり態度をとった時は
ぜひ
ご活用ください(笑)
個人的に
こういう困難があったとき
「個人格差」は起こっても「教育格差」は起きないと思います。
だって
どんな時でも
どんな状況でも
勉強をする生徒はするし
しない生徒はしないからです。
よって
きっと今まで通りです。
ただ
塾として
何かしたいと思ったので
差し上げてみました。
なぜかって?
個人的にとても嬉しいことですが
こういうときに
うちの塾生って
(意外と)「勉強」をするんだよなぁ~
特に神奈川区では一番では?
というのが
僕が普段見ている
生徒たちの感想だからです。
よって
やる生徒がというよりも
今回は
やらない生徒が一気に引き離される形になると思います。

少しだけ考えていることは
うちの塾の特徴の一つでもありますが
僕は毎年4月は原則ですが徹底的に前学年の復習をします。
でも
今回は前学年の復習はなるべく「春期講習」だけにして
終わり次第
すぐに新学年の学習に入ろうかなと
思っています。
よって
ある程度ですが
前学年の復習は生徒に託したいと思います。
理由はいくつかありますが
その一つは
横浜市の教育委員会の発表を見る限り
僕は今回の未履修の単元等を
次年度にやるということは横浜市は一切しないと思ったからです。
よって
いつから授業が再開されるか解りませんが
来年度の横浜市の各学校の授業は
例年になく『速い』ハズです。
ここはそういう地区です。
残念ながら
そんな
生徒想いの市や区ではありません。
そして
今回のことで
改めて
あまり各小・中学校に期待しすぎるのも危ないんだなとも思いました。
学校に行っていればとりあえず安心っていうのはいつの時代の話なんだろう?
長くなりましたが
最後まで読んでくださったご父母様
いつも
ありがとうございます。
何か
お困りの際は
何なりと
ご連絡いただければ幸いです。
以上です。
m(__)m
追伸
もしこの先
まずは「20春期講習」にはなりますが
コロナ等で予定変更があるときには
ホームページで発表いたします。