☆気になったこと☆

しばらく父母面談をしていたのですが
少し気になること
神奈川区のお父様やお母様は
僕から見れば
「優しい」方が多いです。
でも
自分の子どもを自立させたいと
心から願うのであれば
もっと『厳しく』なければいけないとも感じます。
「優しい」
言葉を少し変えれば
「過保護」かな?

感じることも多かった気がします。
昔のことを語っても仕方ないのですが
昔は
「いやいや、お父さん・お母さん、そこまで厳しくしなくても大丈夫ですよ」
な~んて
よく言っていた気もするが
少なくとも
今は
その言葉は
僕からは出ない。
前にもブログで書いたのですが
親子で大事なのは
間違いなく『距離感』です。
近すぎてもダメだし
遠すぎてもダメです
そして
「優しい」だけでもダメなんです。
昔のように
学校やら
ご近所さんで
叱ってくれる人も少なくなった今
親は(昔以上に意図的に)厳しくすることも
必要なのでは?
厳しくするということは
子どもに「我慢」を教えることでもあるのでは?

勝手ながらに思います。
勉強のできる生徒を見て思うこと
「この生徒は本当に『我慢』を知っているなぁ~」ということです。
以上です。
m(_ _)m