♡プロとしての自覚♡

この仕事をしている限り
一番好きなのは目の前にいる『生徒たち』であり
※申し訳ないが、さすがに順番はつけられない・・・
二番目が『彼女』であることは
紛れもない事実。
それくらい真剣に働いているんですが
それが何か?
そして
プロである以上
真剣に集中して授業をしているわけだから
授業時に『かむ』なんてことがあるわけがない。
「三問め」のことを「三問み~」なんていう『かみ方』があるとすれば
オレにすれば信じられない。
オレはこの仕事を始めて30年以上経つが
未だに授業中に『かんだ』ことがない。
だって
昔から『かんだら』引退しようって決めているから。
だから
この先もきっと『かまない』。
プロですから・・・。
あ、たまに『意図的』に『かむ』ことはありますよ
それは生徒が授業を聞いているのかを確認するためにね。
そんなところです。
それにしてもだ・・・
一体オレは今月何本のアイスを食べるのだろうか?
まずい「主食」になりつつある
それでも体型が『せくしぃ~』のまま変わらないのも
プロとしての自覚なのでしょう
もしくは
大人の色気なのでしょう!
以上!
m(__)m