♡僕の背中の翼がよみがえる♡

この仕事は、『教育観』の違いなどから敵と味方に分かれる気がする。
まあ仕事柄といえばそれまでだし、教育観のない塾もたくさんある気がする。
なかなか、みんな仲良くやりましょうという世界ではない。
まあ、生徒は知っているでしょうが、オレはいろいろなものに噛みつく人です。
仮に「一匹狼」になっても闘う人です。
でも、こんなオレにも大切な仲間がいます。
一番苦しいときに一緒に闘った仲間『戦友』がいます。
それは、マルス生はみんな知っている「右の翼」と「左の翼」です。
昨日、3人で久しぶりに会いました。
右の翼は、相変わらずまるくて頭が一部へこんでいた。
左の翼は、相変わらずかっこよく人としても素敵だった。
素晴らしい仲間と再会できて、ほんと楽しかった。
オレの背中にある翼が久しぶりに両方とも大きく開いた。
さあ、どこまでも飛んでいきましょう。
教育の世界なら、この先もきっと負けない気がした。
そんな一日だった。
この3人が一時期、同じ会社の同じ校舎で働いていたんだなぁ~。
当時の中学生。
今の23・24歳くらいかな?
立派な社会人になって、昨日のオレのように大きく羽ばたいてほしい。
仲間って大事だよ。
みんな忘れるなよ!