♡取扱説明書♡

誰にも言ってはいないのだが
ここ2週間くらい仕事の調子が芳しくない。
こんなときくらい早く家にでも帰って
麦ベースの炭酸飲料を浴びるほど飲もうと決心する。
そこに1通のメール。
当然たまたまだとは思うが
この世の中で、オレのことを一番よく知っている
『で〇キ〇』だ。
すぐに町田集合!ということで
急いで『黒王号』にまたがる。
ラオウが乗ると強く速く走る『黒王号』も
オレが乗ると法定速度は30㎞になってしまう。
でも頑張って横浜~町田まで行く。
到着時刻12:00ちょうど
久しぶりに『で〇キ〇』に会う。
同じ業種の仕事なので
こんな時間から飯を食べる。
昔は1年間で360日くらい一緒に飯を食べていたので
(それを13年くらい続けていたのか・・・)
お互いの好き嫌いはよく知っている。
時間が時間だけにいつもの店は閉まっていたが
とあるお店を見つけ2人で飯を食べる。
当然、仕事の話・プライベートの話などいろいろと話をする。
話をしていて思うこと。
さすがだな~
たまたまとはいえ、感覚的によくご存じで
このタイミングでオレを呼び出す。
気分屋で、わがままで、自己中で、荒くれ者で、やんちゃで、一匹狼で、『自由人』のこのオレを
仕事で調子が悪いこのオレを
いとも簡単に
元通りにする。
じょん取扱説明書を作ってくれれば
関係者の方々に配布したいと思う。
さすがとしか言えない。
この塾をまるごとあげるとすれば
間違いなく
『で〇キ〇』だ!
オレよりも圧倒的に厳しいから
生徒たちは泣くと思いますがね!
(^O^)