♡結局は日本人♡

どんなに勉強しても
結局
国語ができない生徒は何もできないね。
すべてが日本語でできているわけだから
英語を勉強しても数学を勉強しても聞かれるのは日本語だよね
当たり前ですが。
結局・・・
今まで
日本語をどうやって使ってきたのか?
どれだけ人と会話を積んできたのか?
また人の話をきちんと聞いてきたのか?
どれくらいの言葉を知っているのか?
などなど
英語教育も叫ばれてはいるが
それだって
日本人なら、最後は結局「日本語」でしょ?
英語ができたって
日本人なら
日本語もできないと意味は半減するよね。
オレが
文部科学大臣なら
英語教育なんて叫ばないよ
日本人なら
まず、すべきは
間違いなく『日本語』です。
そして
日本語も英語も語学だからね
使わないと覚えないよ。
おもしろいのはただ一つ
言葉を使って積んでいくのは
いつから始めても遅くはないということ。
それを勉強に生かしたいのであれば
早くから始めるということ。
みんな
「んぎゃ~」から始めてきたんでしょ?
そう
誰だって
生まれた瞬間にもう言葉を発しているんだよ。
それの積み重ね。
「んぎゃ~」から始まり「ばぶぅ~」になって
どんどん言葉が増えていくんだよね?
まさか
未だに車を見て
「あ、ぶ~ぶ~だ」っていう生徒はいないでしょ?
(もし、そんな生徒がいたら正直ちょっと引きます)
そういうことなんです。
きっと
親は
勉強を傍らで見なくたって
正しい言葉を教えてあげればそれでいいんです。
あとは
子どもの「心の成長」を待てばいいんです。
それだけのことです。
勉強の苦手な子
間違いなく
日本語のできない子
以上!
m(__)m