♡馬を水飲み…の3日目♡

中国ではなくアメリカだった気がするが・・・
『馬を水飲み場まで連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない』という意味の言葉
まさしく
その通り。
強引に行けば、その人の「行動」や「実行」をさせることはできますが
強引に行っても、考え方「思考」を変えることはできない。
なぜなら
「思考」は
その人の小さいときからの『環境』に依存するところが大きいから。
だから
親は
子どもが自ら欲する「環境」を作ることが必要だし
子どもが自ら欲するものを与える「環境」が必要だし
そう
一番大切なのは『環境』
オレの大学時代のサークルは
「僻地教育研究部」だったが
大学3年のとき(担当学年のとき)
「僻地」と言う言葉を使わないようにとどこかからお達しがあり
大学内で1番古い歴史のあるサークルだった気がするが
名称を『教育環境研究部』に変更する。
そう
『教育環境研究部』の1期生なのだ!
同級生の
部長は今「岩手県」で先生 きっと左手の中指で頭を掻きながら・・・
副部長は「山梨県」で先生 きっとボートか馬に乗りながら・・・
研究長は「山形県」で先生 きっと寝ながらも髪の毛をとかしながら・・・
あれっ?役職忘れちゃった彼は「山口県」で先生 きっとネクタイをきちんとしめながら・・・
オレのクラスメイトのイケメンくんは「長野県」か「神奈川県」で先生 大手企業を辞めるなんて・・・
あいつは残念ながら、ここでは書けない「大バカ者」 
会計のあの子も「東京都」で先生 きっと今も怖いんだろうな・・・
てってて~のあの子も「神奈川県」で先生 旦那さんはオレの後輩で今は中学校の先生
スキューバーのあの子も今は「どこかで」先生だった気がする。
ここまで
全員「小学校の先生」
それを考えると
オレは一体
何をしているのだ?

思ったりもするのだが・・・
まあ
オレはオレで「荒くれ者」だから
そして「天邪鬼」の「超自由人」だから
それはそれで
面白い。
オレの大学の仲間にしか伝わらない『独り言』でした。
以上!
m(_ _)m